コンセントの形状(Outlet)はなぜ違う?

なぜ世界中にさまざまなプラグとコンセントがあるのかの答えは歴史的です。

なぜ世界中に共通のプラグがないの!?と思う頻繁に海外に行く人は少なくないでしょう!とくに買ったアダプターが通用しなかった時に思う人が1番多いと思います。しかし、アダプターの製造会社はその逆を思っているでしょう。

中国でよく見るのがいろんなプラグが差し込めるコンセントです。便利ですね。しかし、他の国はそうしていません。

問題が始まったのは20世紀で、さまざまな会社が独自のプラグを開発したことです。その時、あまり海外に行く人は多くなかったのに加えて電気製品が大型であったので、統一する必要性がなかったのです。
そして統一しようとしたときのタイミングが悪かったのです。第二次世界大戦で話し合いは止まり、1950年代まで統一のことは思われなかった。その時点でもう建物は全部出来上がっていたし、ほとんどの会社はその地域や国でしか販売していなかったため、統一する動きはなかった。今日、グローバルマーケットの時代でこんなにプラグが違うことは大変、費用も便利さもとても悪いです。

そこでこれからですが、統一されますかというと、いいえ、統一されないと思います。プラグやコンセントではなくUSBやマルチプラグ(すべてのソケットに入るプラグ)などの新しいあまり費用がかからない方法は実現するかもしれません。

他の画期的な発明の可能性もあります。その時、必ず統一はわすれることはありません。

ま、今現在はまだアダプターでもうけられますから、井筒製作所も世界中の会社も頑張って海外旅行者のためにプラグアダプターを作ってください!

参考にした資料




1 件のコメント:

  1. へ~そうだったのか、よくわかった。いいウエブサイトですね。

    返信削除