プラグアダプターの全てについて

ウエブサイトのことを説明するページです。

今このウエブサイトに訪問している人は私が使用しているパソコンと違う画面の大きさのパソコンやタブレット、スマートフォンかもしれません。その場合、文字が小さいから読むのをあきらめることもあると思います。 私はこの問題を解決することはできないので、このウエブサイトでは文字を大きくして見てください。

私が初めてプラグアダプターを使ったのは2004年頃だと思います。それから10年。今は色んなアダプターを使ってきて知った事を他の人にも伝えたくなったので、このウエブサイトを作りました。プラグアダプターの事をメインに書きます。変圧器はほとんどの電気製品を発熱させるというイメージがあるのでこのウエブサイトでは紹介しかしません。
井筒製作所はプラグ関係のものが中心ですので、このサイトが一番おすすめするのは井筒のアダプタープラグです。しかし、入手が難しいので、東京あたりの人は買えるけど、それ以外の人は注文するしかないです。送料を気にしないのであればお勧めできます。
その他、NISSYO なども海外旅行者にお勧めできます。日本の電気製品を外国で10年以上使うつもりである人は井筒しかないです。(パソコンを使うときなど長時間にアダプターを使うと、他の会社は発熱し始め、何年かで壊れる事が考えられるからです)日章工業などは短期間の使用を目的にアダプターを作っているため安いけど、使い続けると井筒などの頑丈な昔らしい長持ちができるアダプターとの差ははっきりしてくるでしょう。
まずは電流の性質などの基本を理解してからアダプターを使うといいです。15歳以下の人は電池を交換してはいけないというルールがあります。電気は思っているより実に複雑なものです。
海外に行く前にするべき事なども別のページに書いてあるので、興味のある方は見てください。コンセントの形状がなぜ違うのかもそのタイトルをしたページに答えがあります。

プラグアダプターの全てはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


基本的に日本のどの会社が一番あなたにむいているかを教えるためにウエブサイトを作りました。 そして事前に買っておきたい人はこのウエブサイトにあるプラグアダプターをどこで買う?日本のアマゾンで販売されている色んなアダプタープラグの中から自分に合ったものを選んで、クリックしてアマゾンのその商品のページに行くことができます。購入するにはアマゾンのアカウントが必要です。プラグアダプターの情報を全てそろえると同時に、通販のアマゾンで販売されているプラグアダプターも全てそろえたいのですが、品質、製造国と人気によります。現在サイトにのっている会社は全て信頼ができます。

何卒ご了承の程よろしくお願いいたします。

15th of December 2014



Noah Nishihara

追加: このウエブサイトを始めた頃は何も考えていませんでした。途中から色んな事が加わったのです。井筒製作所の製品の品質が素晴らしいことを知っている人は日本人の中では多少いるとおもいます。しかしそんな人がいても、100%私みたいにウエブサイトを作ることはないでしょう。ちょっと前までみんなが知っていたプラグアダプターが急に誰も知らない存在になるなんて。私はこの事態を変えようとしています。しかし結局はたくさんの会社の製品を紹介するほかに人気のサイトになる道はないです。アダプターというものには話題の限界があります。

「IZUTSUファンサイト」をこのサイトの別名にした理由はこのサイトの元になったのがIZUTSUのアダプタープラグだからです。IZUTSUのプラグには不思議な力があるように感じます。そのプラグが私の手元になければ、このサイトはだいぶ前に捨てられていたでしょう。もっとも大きい要素は現在の会社の作っているアダプターがローレベルすぎてあきれたことですが。私は最初海外で電気製品が使いたかったんですよ。なので、経験はいろいろあります。今は紹介する側になりました。他にもたくさんIZUTSUのファンができたら、その大勢のファンが訪れるサイトとしての役割をはたすような意味も込められています。もちろんオフィシャルではありません。(非公式)しかしIZUTSUのファンが知りたい情報は全て提供したいです。

このサイトの全てのページをみれば、こんな‘つまらない’、‘どうでもいい’プラグアダプターに実は結構な物語があったということがわかります。

その物語の始まりは主に忠利からで、まだ終わっていません。今はクライマックスかもしれません!この物語を全部読んだ人がIZUTSUのファンになれたら、きっと大勢の海外旅行者が良い滞在を楽しむことができるでしょう。

さて、どうやってこのサイトをたくさんの人に見てもらえるかな?!


プラグアダプターというのは誰も興味がない。だからこそその分野についてのサイトはこれまで一つもなかった。もっと数多くの人に見てもらいたい。

プラグアダプター以外のことも取り扱うことになりました。

5th of July 2015

Noah N.

0 件のコメント:

コメントを投稿