電源周波数について

http://www.jeea.or.jp/course/contents/01103/に書いてあるのが電源周波数の歴史です。50と60ヘルツになぜなったのか。などが書いてあります。周波数の違いが電流に与える影響が何なのかものっているので、興味のある方はみてください。

周波数の英語はfrequencyである。単位はヘルツで、記号はHzです。振動数と同じ単位をつかいます。交流で、電流の変化が1秒間に繰り返す回数をその電流の周波数という。交流は向きと強さが周期的に変わる電流である。

現在の世界中の電源周波数はだいたい50、55、60Hzです。日本は違う国(ドイツとアメリカ)の発電機を明治の初めに、大阪はアメリカから、東京はドイツから輸入したため、西日本は60Hz、東日本は50Hzになっている。

知っている人は多いと思いますが、小学生向きにかきます。パソコンの電池を充電するのに使うACアダプターのことですが、それで充電する理由はそのパソコンが直流で働くためで、交流を直流に変えるためにアダプターがある。同時に電圧もパソコンに適した数値に変えます。
参考にしてくださいーhttp://ja.wikipedia.org/wiki/周波数

This is from wikipedia. It is an opened AC adapter.
これはACアダプターの分解された写真です。

プラグアダプターという言葉をインターネットで検索すると、まず出てくるのが音楽用のプラグアダプターです。その次に海外用のアダプターが出てきます。ちなみに、ACアダプターも間違えられそうです。





プラグアダプターは普段日常的使いますが、井筒製作所はアダプタープラグといいますし、正式には海外用電源プラグ変換アダプターと言います。英語の方はアダプターの書き方がadapterでそれが私が使う方ですが、井筒製作所が使うのはadaptorです。間違いではなく、もうひとつの書き方です。

0 件のコメント:

コメントを投稿