日本のプラグアダプターの市場

日本のプラグアダプターの市場で勝つためには2つのことができていないとだめです。

  1. 他の会社より安い
  2. 電気屋さんや空港売店、通販やデパートどこにでも商品があるようにする
この2つさえできていれば負けることはない。

勝者は:(株)ヤザワコーポレーションと株式会社カシムラです

理由:コジマから空港売店まで、どこにでもあるから。商品を安くするための工夫をしているから。

ちなみにこの2つの会社は日本の変圧器市場でも勝者です。日章工業、興電、忠利!頑張れ!!

井筒製作所と忠利インターナショナルも頑張れ!!!!

一つだけあてはまっても勝者にはなりません、たとえば50円にしたけれどどこにも販売されていない。それではお客様が買うわけはない。じゃあ、どこにでもあるようにするけれど、安くしない。それではお客様が安い方の会社のものを買ってしまいます。なぜかというと50歩100歩だと思うし、べつにそんなに変わらないなら安いほうが得する。その場合安くないのは品質が素晴らしいからと宣伝すればいいのだが、人によります。長く使いたい人がいれば、1日だけ使う人もいるので、やはりそうやってたくさんの種類のアダプターをお客様に見せてどれが自分に合っているかを判断してもらうのは私の思っている理想の買い方です。一応、電気に関するものですから、品質の素晴らしい方を買うと安心です。


0 件のコメント:

コメントを投稿