プラグアダプター

プラグとは電気コードの先端の差し込みである。コンセントに差し込んでつかいます。
アダプターはこのプラグの形を変えるだけの役割である。電圧や周波数などは変えられません。アダプターは小型製品に使うために作られているのがほとんどなので、大型の製品を使う時にはちゃんとした強いアダプターを買ってください。井筒製作所などをおすすめします。もしお手持ちの製品がワールドモデル(100V-200V)ではなくて、しかもあなたが行こうとしている国の電圧が日本と違っていたら必ず変圧器をご使用ください。

プラグアダプターのプラスチックの部分の樹脂によって質が違います。もっと知りたい人はこちらをクリックしてください。

最近のプラグアダプターはだんだん問題が多くなっています。進化していません!品質は低下し、お客様が使う時を考えていない商品作りですし、値段は低くして、根本的な機能だけ残すというまったく客としては耐えがたいことになっています。とりえいずなんとかコンセントにアダプターが入って充電機を差し込んでぐらぐら(抜けそうな感じ)で充電する。これが現代の旅行する若者の常識になったら会社も喜ぶな~どんどん昔では不良品だったものを大量に売る。会社の名前は出してねえから会社員は安心しな。ま、現代の会社も標準使用時間を15分とかありえない話を想定しているんだ。

(株)井筒製作所のプラグアダプターはプラグを差し込むのに力が必要になります。そして抜くときもキーンと金属音がなります。これが本当のプラグアダプターだ!!

現代の会社が作っているのはほぼ全て不良品と言ったっていいんだ。これでわかったか。21世紀の若者はだまされているのだ。どっかでこの現代会社の暴走をとめなければとおれは必死でこのウエブサイトを書いた。全てを見なくてもよい。だまされているんだとわかっただけでもいい。そして考えてみて。これからはどうすればいいのか。

現代会社というのはどの会社かと聞かれる必要はない。会社がこのウエブサイトに賠償金をもらいにくるかもしれないんだ。自分でどの会社か判断しろ。

現代会社を存在しないものにすることはできる。それは自分の判断でこのウエブサイト上の色んな製品紹介をみて、自分が「本当のプラグアダプターだ!」と思ったものを購入すること。そして知人が海外に行くときはその自分が使ったとてもよかった製品をすすめてください。多くの人がこれをやれば、もう誰も失敗することはありません。そしてそのだれも買わなくなった製品の製造会社もわかります。(あ~作戦がうまくいかなかった)そしてその製品は世の中から消えます。いいでしょう!いいものだけ残る。そしてみんなもそのいいものを買い、よろこんで、いい旅に出ることができる。そうなれば私たちも喜びます。


いいアダプターほど入手がむずかしくなります。詳しくはこちらをご覧になってください。値段的にもです。

0 件のコメント:

コメントを投稿