2017年9月11日月曜日

IZUTSUのブランドがついている国内用プラグアダプター2015年3月(レビュー)


なかなか見つけられないもので、すでに発売より2年以上経ちました。そして忠利が使っていた「フェノール樹脂」や「日本品質」Marketingを使って販売しています。

販売は楽天とアマゾン(国内用)でやっているようです。忠利の言葉とこのサイトの影響、そして井筒の製作、城下の手の元に入り、そしてパッケージされ、変なシールを貼り、最後に店に行く。ところが海外用のプラグが見つからない!楽天でのみ見られ、もしかすると短期間ですでにやめたのでしょうか

僕は2年以上前に水戸黄門の動画がユーチューブ上にないと見て、たくさんアップロードしていたのですが、その後止められ、急に水戸黄門をアップロードする人が増えたのです。別の人がやり始めたのです。だからこの国内用プラグの「新商品」はとてもいいことです。このサイトの目的の1つを実現したわけですから。しかしこのプラグは秋葉原でも買えるし、値段も高いし、他の会社の品も長期間使用でなければ、使えるので、なかなかヒットしないロングセラーなのでしょう。

「エコ」が第一の今、こういったプラスチックを使うことはいいことではないと思います。古いやつを業務用にヤフオクで買った方が面白いかもしれません。

最近の商品には「忍」などと名乗るやつもある。今回のIZUTSUプラグはまさに日本的なデザインだ。丸い筒で多少爆弾にも似ている、「忍」などには負けない!

振り返ると、この二年間、ほとんど何もしてきませんでした。音楽のマスタリングサービスを立ち上げ、VRの研究を最先端で行ったり、西原総研を通して各種の研究を行っております。いや、それに加えてアナログレコードとテープの見捨てられた技術や商品の構造、DSDDAC製作とテスティング、Audio技術(ソニー中心)、ビデオ(4KBlu-Rayの製作)、SBM-VAVCHDプログレシブ、X.V.ColourVAIOの修理、AndroidへのXperiaアプリのPortingDSEE HXを無理やり)、BRAVIAエンジン、サウンド効果(VAIOでも)。結果はこういう技術(HX以外)の実用的価値はないということ。

私たちの予言も数多く当たっています。パナソニックのELUGALEICAレンズを(当時ZEISSはまだマイクロソフトにレンズを提供していた)結局HUAWEIが先にやりました。Dualレンズで。アップルの人気が下がっている。レノボが第一位の信頼を持つ。4Kの動画がスマホやレッツノートに応用する。結果はまずテレビで実現された。

しかし見方も変わっています。ブランドはどうでもいいのだ。電気製品は人間の不幸を招くだろう。人のためになっているようで、実はその反対のことをしている。だから僕は1980年代以前の品にNostalgiaを感じる。あの時代は良かった。ナカミチドラゴンやD6Cプロのテープレコーダー(2002年生産完了)、ならびに井筒のプラグ。明日はまたもっと大きい夢を実現するのだろうか。しかしウォークマンの最高機、TEACのプレーヤー、ソニーのSX2000D100などの言う「本当の音」はパソコンのAudioチップと変わらない。4Kテレビも、4Kのパソコンか映画館のスクリーンと同じ。これらが大したことではないとしたら、その後に来るものは暗いものだ。世界は毎秒変化している。人が多くて、みんななにかすごいことをやろうとしている。僕も、出来ることの幅が広くて仕方がない。しかしロボットが来るのは反対する。デジタルコンシューマーリズムなるものが我々の生きる意味になってはいけない。VRからRetailセラピーまで、全てを倒すのだ。原子力も何とかせねば。また今度はオーストラリアも関係するDisasterとなるだろう。まずは一歩戻ろう!1980年代に行くにはこのプラグを買うのも一つの手です。感動は夢ではない。東京でもないし、ソニーでもない、実はDSEEHX(ハイレゾは必要ないのでは?と思わせるHX)も4Kも8Kも1600K も、いい映画も、低品質の歌も、夢じゃないし、感動でもない。手段も目的も、全部はずれだ。感動は、真の感動は、世界の真の美しい姿を見るとき、その大きさなどにびっくりするとき、すごい詩を読むとき、とにかく、電気じゃあ仕方がない。90年代のPC出現は全てを狂わせた。我々は今に生きている。アナログを使おう、テープ、レコード、時にCD、ビデオテープ、少なくともDSDの方がいい。しかし、アナログのFetishismを招く性質はだめだ。うまいバランスはあるのか?

ブログ記事数々


何となく月曜日の朝がおもしろい。犬が他の家の前にいた。そして雲が雨とともに向こうに行った。今日はすごい。もっとすごい集中力でとりかかろう!

2017年7月17日月曜日

株式会社パナソニック大阪沖田電気

地域密着!快適な暮らしのお手伝い!電気のことなら当店へ!
当店はパナソニック大阪沖田電気として、関西国際空港に店舗を構える空港店の本社として発足いたしました。泉佐野本社ではパナソニックスーパープロショップとして、販売から修理、電気工事、リフォームなど地域のお客様のお困りごとや細かなニーズにも対応していけるような温かい応対の信頼できる電気店を目指しております

お取り扱い業種:

電気工事業者、アンテナ工事、エアコン工事、エアコン修理サービス、温水器、火災報知機工事、家電修理サービス、空調設備工事、建築工事、建築設計、テレビ修理サービス、テレビ放送設備工事、電気温水器販売、電気機械器具卸、電気機械器具修理サービス、電気機械器具販売、電気器具取付、電気工業、電気工事、電器修理・取付店、電気制御機器、電気設計、電気設備工事、電気通信業、電気通信工事、電器店、電気配線工事、電話工事、電話線路工事、モーター、木造建築工事、リフォーム、冷暖房設備工事

電気工事業者・株式会社パナソニック大阪沖田電気の詳しい情報です!

沖田電気グループは60年の歴史があります
電気工事の設計、施工、関連機器の設置工事、パナソニック製品の販売
住居や店舗の建築施工、リフォームなどを通じお客様の快適な住まい、理想の生活環境の実現に
実績、経験と技術力をもって迅速、確実をモットーに日々専心の努力をはらっております【(株)パナソニック大阪沖田電気】
当社はパナソニックのツーリストショップとして関西空港開港と同時に発足いたしました
空港店では日本と電気事情の異なる海外各国で使用できる電化製品「ツーリストモデル」や
変圧器やプラグなどを取り扱い快適な海外・国内への旅をお手伝いいたしております
インターネットによる通信販売も行っています。ぜひご利用ください!

本社では地域密着の町の電気店として家電販売・修理やくらしの中のお困りごと
リフォーム等々お客様のご用命にしっかりお応えいたします!
<取り扱いメーカー>
パナソニック・日立・東芝・シャープ・ビクター・三洋・ダイキン工業・三菱電機
富士電機・アイホン・オムロン・八木アンテナ・ 因幡電機産業・他メーカー

電気工事とは?

そもそも電気工事とは、どのような工事なのでしょうか。 これは電気工事士法によって定められています。 その第2条第3項に規定する工事が電気工事にあたります。 具体的には一般用電気工作物、あるいは自家用電気工作物を設置し、あるいは変更する工事をいうことになります。 ただし政令で定められた「軽微な工事」については電気工事には含まれません。 また、家庭用電気機械器具の販売に付随して行う工事も除かれます。 さらに詳しく述べると、電気工事とは、一般用電気工作物のうち、最大電力500kw

関空の変換プラグは安い

毎回 写真を撮ろうと思ってできていなかった
関空で売っている コンセントの形状を変える 「変換プラグ アダプター」
今回は写真が撮れたので ご紹介しておきます
写真の上には 「 マルチ変換プラグ 2,380円 」 などと高額な商品もあります
プラグの形状が固定のものでも ネットや店頭で1,000円以上するものもありますね
この写真は関空内にある 、とあるお店のもの
写真下のほうに 「 Cプラグ 280円 」 とありますね
カゴの中にガラガラとパッケージもなく裸で売られていますが
コンセントの形状を変えるだけのものなので これでも高いかな?と思ってます

ちなみに 「 電圧は変換しません プラグは変圧器ではありません 」
といった但し書き?がしつこいくらい書かれていますし
購入するレジでも念押しをされます

「 そうやって念押ししておかないと クレームが多かったの? 」 と尋ねてみると
「 今はすべて確認してますので クレームはほとんどありません 」 だって
説明しない店が悪いのか、事情を知らない客が悪いのか...
海外で日本製の電気製品を使うなら 少しは調べて出かければいいのにね

とにかく 関空ではお手ごろな値段で変換プラグを売ってます
誰かのブログで 関空では安いものを売っていない、と読んだことがあります
商売の町 大阪ならでは?
いくつかのお店で変換プラグを売っていて
店によってお値段も多少違います
いくつかお店を覗いてから決めてくださいな

コンセント変換プラグ


散髪の帰りに寄ったダイソーで見つけました。
100円ショップでも売っているんですね。
右下のC→Aは関空のパナソニックショップで210円と、同じ値段だったのですが。
作りが違うので比較は出来ないです。
あって損はないので買っておきました。
電圧変換は出来ませんが、最近のノートパソコンのように100-240V対応のACアダプタであればそのまま使えます。
厳密にはAC部分のケーブルが細いと怖いですが。

2017年7月13日木曜日

all models are 800 by 650!

井筒のプラグアダプターの3Dモデルを近頃公開する

example

Hello, everyone!

This is my html page with some 3d objects.

2017年4月27日木曜日

Community Place Conductor&ソフトウェアパッケージ 『インターネット3Dパック』

壁 紙
やアイコンなどの
「さぱりアクセサリー集」
をお持ちの方はございますでしょうか
 
www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press_Archive/199708/9708-28/を見て
 ユーザーはインターネット上に三次元の仮想空間を自ら構築したり、インターネット上の三次元空間でコミュニケーションを手軽に楽しむことができるというんで、インターネット3Dパック
『PCQ-CPSK1』
が欲しくなりました

 これもまたどのアーカイブにもありませんftpサーバーでしたから。幾何公園 Version 1.0体験版(リコー製) も教育機関のみがつかっていて、激レアです。 さぱり~んセーバー Version 1.0(ソニー製)
 マルチユーザー・ワールド<さぱり>を題材にしたスクリーンセーバー。 これはVAIOの「さぱりアクセサリー集」にも入っていますが、
とにかくCDロムとしてはもうあまりにも魅力的なソフトを収録していて、誰かがISOにしてクラウドに公開したらとても喜びます。

さぱりの失敗した復活

https://web-beta.archive.org/web/20050123202633/http://members.aol.com:80/hohtoh/sapari/nise.htm

偽さぱり開発中というもの

 そしてこのJava3D さぱり=誰がやっているのか?

http://www.burger.jp/sapari/ 

 
「Java3Dさぱり」とは?
2003年までSONYが運営していた3Dチャット「さぱり」を再現したシステムです。
クライアント側は「Community Place Browser」のようなVRMLブラウザとしての機能
は持たず、アバタとワールドにVRMLファイルが扱えるだけの3Dチャットになっています。
この機能は、Sun Microsystems社のJava, Java3D
yowmhong氏のVRMLローダを利用して実現されています。

「さぱり」サービス



拝啓


このブログ記事でワンダーツー株式会社を知ったのですが、今の業務ではなく、昔、さぱりを一人で開発したという時のことについて知りたいです。

今はX3Dやその他の3D言語がまだ開発されていますが、サイト内に3Dモデルを埋めたりするためだと思います。僕は直接さぱりのチャットを経験したことはないんですが、そのワールドのデザインにはずーっと興味を持っています。

結局最終的にソニーの研究所がCommunityPlaceなどをやめたのは使う企業が少なかったからなのでしょうか。長い間VRMLやX3Dの使い道を考えているうちに仮想ワールドはあきらめたんですが、商品をインターネット上で公開するのに役立つと思いました。

というように、さぱりやGCOのファンではない今、このVirtualSocietyのさぱりをどのように一人で制作したのかが知りたいです。そしてCyberPassageなどのソフトをなぜソニーCSLが開発したのかも知りたいです。ウェブアーカイブには何かの博士が始めたということを読みましたが、それがわかればとても嬉しいです。

敬具


Answers:

なにせ20年も前のことなので記憶が曖昧なところや多少脚色等入っているかもしれませんが、ざっと
お話します。

・Cyber Passage開発の経緯


Cyber Passage(のちの Community Place)はソニーのアーキテクチャ研究所で開発されたサーバー・クライアント群です。当時CSLの暦本純一さんや、現在CSLの所長の北野さんもコンセプト段階で関わっています。

https://lab.rekimoto.org/members-2/rekimoto/

Cyber Passage Bureau(サーバー)、Cyber Passage Browser(VRMLクライアント)で構成されていました。

VRML (Virtual Reality Modeling Language)の開発も同時に行い、当時SGIなど他社と一緒に仕様策定していました。それぞれの会社でその仕様の実証としてソフトウェアを開発しており、SGIは cosmo playerというVRMLブラウザを出していました。

WebブラウザがIEやNetscapeがしのぎを削っていた時代で、次世代の3Dコンテンツのブラウザでも同様に競合、トップシェアをとるために競争していた背景があります。

アーキテクチャ研究所ではブラウザ開発に終始し、コンテンツ開発が追いつかなかったために、当時ソニーのワークステーション部隊、その後のVAIO開発部隊になる私の所属する部署が応援としてコンテンツ開発に乗り出しました。

といってもアサインされたのは私一人で、私ひとりアーキテクチャ研究所に乗り込んでコンテンツの開発を行うことになります。

私が担当したコンテンツは、
・Circus Park
・さぱり
・さぱりミレニアム
となります。

なお、Cyber Passageは商標がとれなかったため、正式リリース時にCommunity Placeに名称変更、商標登録を行ってます。


・3Dコンテンツ開発


開発方法は以下の手順です。

  1. 3Dモデリング(dxf形式)
  2. dxfからvrmlへコンバート(モデルのみ)
  3. vrmlでオーサリング(動きをつける)
  4.  主にJava(当初はTcl/Tk)でプログラミングし、動作をつけます
  5. Community Placeで動作確認
  6.  サーバー・クライアント環境のため、複数台のPCで動作チェック
  7. 3Dコンテンツ公開
  8. オフィシャルサイト公開、ユーザーグループの管理運営(Web)
  9. 3Dコンテンツ内でのユーザーコミュニケーション、サポート


モデリングはデザイナーにお願いしましたが、dxf形式ファイルを受け取ったあとの製作は私が
一人で担当したという流れです。企画自体、ディレクションも私が担当しています。


・3Dコンテンツの問題点


ソニーに限らず当時の3D、VRMLというのはPCの処理能力が不足して表現力という点ではすでに
普及していたPlayStation(PS1)に及びませんでした。

マルチユーザーという観点でいえばインターネットの爆発的普及は2000年以降となるため、その点でも
ユーザー数の伸びは見込めないマーケットです。

そこでVAIOにプリインストールするという手法により、「さぱり」は数十万ユーザーを獲得に成功しました。

しかし拡大するユーザー数に対して確たるビジネスモデルは存在せず、サーバー費用、運用費用がふくらむだけでした。

その後「さぱり」は私の手を離れ、So-netへ移管、有料化されます。しかし無料だったものを有料化することでユーザーが反発、激減したことでコミュニティは崩壊。収益もほとんどあがらず、その後閉鎖に追い込まれます。


現在3Dコンテンツが再び脚光を浴びていますが、処理能力が高くなっているだけでもともと内包する
問題点は変わっておらず、ビジネスモデルの確立など依然課題は変化していないと私は感じています。


以上ざっとですが、参考になれば幸いです。

さぱりアクセサリー集