2017年12月12日火曜日

"Drunkenness → smoking in the airplane", the Japanese rampage Taiwanese aircraft turned back "Totally apologized" TV in Taiwan

Three Japanese tourists in Taiwan 's China Airlines planned to get drunk and had trouble other passengers, and there was a trouble of returning to the departing airport.
According to several Taiwan media such as Chuo Toryu company, the trouble occurred from Taipei (Taoyuan) on December 9, 2017 to Bangkok (Suvarnabhumi), CI 835 flight of China Airlines. The flight attendant (CA) repeatedly warned, but did not follow, and did other nuisance to other passengers. Three people ignited cigarettes in the cabin as well as being drunk, so the return was decided as there is a danger in operation. Three people should go to Bangkok with the next day's flight without apologizing and it is big in Taiwan.


Continue to drink whiskey that I bought at a duty free shop


CI 835 departed from Taipei at 14:56 (Japan time, hereinafter the same) according to the website "Flight Radar 24" which displays the position of the aircraft, but returned to Taiwan at 15:50 one hour later, I returned to Taipei at 17:31. During this one hour, the crew has tried to persuade, or whatever it is turning 5 times offshore.

According to Taiwan media, three Japanese male customers were responsible for turning back. Three people were planning to go to Bangkok from Fukuoka via Taipei. Three people were already drunk when they arrived in Taipei, but they purchased alcohol at a duty-free shop in Taipei. I drank the alcohol on board for Bangkok. The cabin crew (CA) repeatedly warned, as he annoyed other passengers with a loud voice, but three seems to have not heard. In the movie published by Falcon Daily (Apple Daily) on the website, there are reflections of whiskey bottles that men took up from three people. It turns out that about a quarter is already gone. Three people still stopped the nuisance, said that they smoked cigarettes at the seats and moved to the toilet while spreading smoke inside the plane. In these circumstances it is decided that returning is not possible as safe operation can not be continued.

"Three people departed for Thailand the next morning, during which they did not apologize at all"


CI 835 left Taipei again at 19:36 two hours after dropping three people and arrived at Bangkok at 23:17. It was scheduled at 18:45 on the scheduled time, and it was actually four and a half hours behind. 260 passengers were affected.

Multiple media reported that three people are being asked about the situation at a place like an airport office with a mosaic-free movie, and in particular, they do not seem to apologize. According to Chuetsu Ikeda, the acts of three people suspected of violating the civil aviation law, there is a possibility that a maximum charge of NT $ 50,000 (about 190,000 yen) will be imposed. However, as a result, it seems that the acts of three people were practically ignored,

"Three people departed for Thailand the next morning and did not apologize in the meantime, people are ridiculed in folly."

Experts' hats off on Mrs. Devi's knowledge about jewelry "Professional oppression"

On Monday 's broadcast " Asahichi " (NHK synthesis), Mrs. Devi of talent showed ample knowledge about jewelry, surprised experts and other performers.
In the program, he featured a method of utilizing jewelry which is no longer used, entitled "Legion of Mushrooms Jewelry Utilization." At the beginning of the special feature, Mrs. Devi of guests showed off expensive jewelry brought to the studio, including a 118-carat emerald necklace and a pink diamond ring with 43 carats.
In addition, Mrs. Devi said, "Rubies and emeralds of ancient times have not been heated or oiled, they are natural," he said. In addition, explaining that artificial processing is also applied to natural gemstones, such as "In recent years, ruby ​​must be red, it turns to red with heating."
After that, as journal concierge 's Mr. Nobuyuki Harada appeared, "Devi san's" Heated "or a professional shame (knowledge)" is praised Mrs. Devi. Mr. Harada said, "Even among professionals, there are few people who know well, that's right." "I was impressed by listening and listening," he was hating himself to Mrs. Devi's knowledge.
In the topic of "The gem that should not be washed with detergent or water", Mrs. Devi said "Turquoise (when washing) will change color" "If you add perfume you will turn green" , Surprised the other performers.

世界のプラグ

海外旅行・出張の準備で必須! コンセント変換プラグと電圧

デジカメや携帯電話、シェーバーなど海外旅行・出張で役立つ充電アダプター形状や電圧
海外旅行、海外出張先の準備でとても重要なのがコンセントの変換プラグの用意。デジタルカメラや携帯電話、ノートパソコンなど、海外で充電をする機会は非常に多いです。
しかし、世界の電圧やコンセントのプラグ形状は日本の物と異なることが多く、変換プラグはホテルで貸し出していないのが普通。事前に確認し、その国に合った変換プラグ、電圧が違う場合は変圧器を準備しましょう。

  • Aタイプ
    変換アダプター・コンセント形状Aタイプと電圧一覧
  • Bタイプ
    変換アダプター・コンセント形状Bタイプと電圧一覧
  • Cタイプ
    変換アダプター・コンセント形状Cタイと電圧一覧
  • B3タイプ
    変換アダプター・コンセント形状B3タイプと電圧一覧
  • BFタイプ
    変換アダプター・コンセント形状BFタイプと電圧一覧
  • SEタイプ
    変換アダプター・コンセント形状SEタイプと電圧一覧
  • Oタイプ
    変換アダプター・コンセント形状Oタイプと電圧一覧
BタイプとCタイプ、SEタイプのプラグ形状(ピンの太さ)に注意。
Bタイプのプラグピンの太さ・コンセント形状 Bタイプのピンの太さ:5mm
Cタイプのコンセント形状 Cタイプのピンの太さ:4mm
SEタイプのコンセント形状 SEタイプ:4.5mm

アジアの電圧・プラグ形状 一覧

地域国名電圧(V)プラグ形状
アジア日本100A
インド220B3・C
インドネシア220C
ウズベキスタン220C
韓国 コンセントの電圧変換・電源と充電プラグ形状1220C・SE
カンボジア220A・C
シンガポール230BF
スリランカ230~240BF・B3・B
タイ220A
台湾110A・O
中国 コンセントの電圧変換・電源と充電プラグ形状2220A・B・B3・BF・C・O・SE
香港220BF
ネパール220B・C
ベトナム220A・C
マレーシア220BF
ミャンマー220~240B・B3
モルジブ220~240BF
ラオス220A・C
1: SE型が主流。  2: B・C・O型が主流。 プラグ形状を見る

ヨーロッパの電圧・プラグ形状 一覧

地域国名電圧(V)プラグ形状
ヨーロッパアイスランド220C
イギリス240BF
イタリア220C・SE
エストニア220C
オランダ230B・C・SE
オーストリア220C・SE
クロアチア220C
ギリシャ220C
スイス220C
スウェーデン220C
スペイン220C・SE
チェコ220C
デンマーク220B・C
ドイツ220C・SE
ノルウェー230B・C
ハンガリー220C
フィンランド220 / 230C
フランス220C・SE
ベルギー220C・SE
ポーランド220C
ポルトガル220C
マルタ240B3・BF
ルーマニア230C
ロシア220C
プラグ形状を見る

北アメリカの電圧・プラグ形状 一覧の電圧・プラグ形状 一覧

地域国名電圧(V)プラグ形状
中央アメリカ
北アメリカ
アメリカ(ハワイ、グアムを含む)110 / 120A
カナダ110A
プラグ形状を見る

中央アメリカ ・ 南アメリカの電圧・プラグ形状 一覧の電圧・プラグ形状 一覧

地域国名電圧(V)プラグ形状
中央アメリカ
南アメリカ
アルゼンチン220C
エクアドル110A
キューバ110 / 220A
グアテマラ110A
コスタリカ110A
ジャマイカ110A
パナマ110 / 220A
バハマ120A
ブラジル コンセントの電圧・電源と変換プラグ形状1110/127/220A・C
ペルー220A・C
ボリビア220A・C
メキシコ110A
1: リオ/サンパウロは110V、サルバドール/マナウスは127V、レシフェ/ブラジリアは220V。地域によって異なる。 プラグ形状を見る

中東・アフリカの電圧・プラグ形状 一覧の電圧・プラグ形状 一覧

地域国名電圧(V)プラグ形状
中東
アフリカ
イスラエル220C
エジプト220C
ケニア220 / 240B3・BF・C
ジンバブエ220 / 240BF・B3L
シリア220B・C
タンザニア230BF
チュニジア220 / 115C
トルコ220C・SE
南アフリカ220 / 240B3L コンセントの電圧・電源と変換プラグ形状1
モロッコ220C・SE
ヨルダン220B・BF
UAE(ドバイ)220 / 240BF
1: B3Lのプラグは日本では取扱店 がほとんどないためネットショップで事前購入することを推奨。 プラグ形状を見る

オセアニアの電圧・プラグ形状 一覧の電圧・プラグ形状 一覧

地域 国名 電圧(V) プラグ形状
オセアニア オーストラリア 240 / 250 O
タヒチ(フレンチポリネシア) 220 A・C
ニューカレドニア 220 C
ニュージーランド 230 / 240 O
パプアニューギニア 240 O・I
パラオ 110 / 120 A
フィジー 240 O
プラグ形状を見る

上記でご案内する各国の電圧とプラグタイプ・アダプタタイプはあくまでも基本であり、同じ国でもホテル、地域により異なる場合があります。

国によってプラグ、ソケット&電圧は違う!


以下は、家電製品に使用される世界のすべての国とそれぞれのプラグ/アウトレットと電圧/周波数の完全な概要です。 この表は、ほとんどの国では、主電源が220〜240ボルト(50または60 Hz)であることを示しています。 100〜127ボルトで動作する国は、大幅に数が少ない。 このリストはまた、A型とC型が世界中で最も頻繁に使用される電気プラグであることを明らかにしている。
ページを下にスクロールすると、ほとんどの国でよく定義されているプラ​​グと電圧規格があることがわかります。 しかし、多くのラテンアメリカ、アフリカ、アジアの国々では、しばしば互換性のないプラグの雑多なコレクションが使用されていますが、電圧も地域によって異なります。 明らかに、これは、旅行者が旅行のために必要とするプラグ・アダプターまたは変圧器の種類を評価することを非常に困難にする。 ある国の電力状況に追加情報が必要な場合は、問題の国名が赤で強調表示されます。 
国/州/地域 単相電圧(ボルト) 周波数(ヘルツ) プラグタイプ
アブダビ 230V 50 Hz G
アフガニスタン 220V 50 Hz C / F
アルバニア 230V 50 Hz C / F
アルジェリア 230V 50 Hz C / F
アメリカンサモア 120V 60 Hz A / B / F / I
アンドラ 230V 50 Hz C / F
アンゴラ 220V 50 Hz C
アンギラ 110V 60 Hz A / B
アンティグアバーブーダ 230V 60 Hz A / B
アルゼンチン 220V 50 Hz
アルメニア 230V 50 Hz C / F
アルバ 120V 60 Hz A / B / F
オーストラリア 230V 50 Hz
オーストリア 230V 50 Hz C / F
アゼルバイジャン 220V 50 Hz C / F
アゾレス諸島 230V 50 Hz B / C / F
バハマ 120V 60 Hz A / B
バーレーン 230V 50 Hz G
バレアレス諸島 230V 50 Hz C / F
バングラデシュ 220V 50 Hz A / C / D / G / K
バルバドス 115V 50 Hz A / B
ベラルーシ 220V 50 Hz C / F
ベルギー 230V 50 Hz C / E
ベリーズ 110 V / 220 V 60 Hz A / B / G
ベニン 220V 50 Hz C / E
バミューダ 120V 60 Hz A / B
ブータン 230V 50 Hz C / D / G
ボリビア 230V 50 Hz 交流
ボネール 127V 50 Hz 交流
ボスニア・ヘルツェゴビナ 230V 50 Hz C / F
ボツワナ 230V 50 Hz D / G
ブラジル 127V / 220V 60 Hz C / N
イギリス領バージン諸島 110V 60 Hz A / B
ブルネイ 240V 50 Hz G
ブルガリア 230V 50 Hz C / F
ブルキナファソ 220V 50 Hz C / E
ビルマ(正式にミャンマー) 230V 50 Hz A / C / D / G / I
ブルンジ 220V 50 Hz C / E
カンボジア 230V 50 Hz A / C / G
カメルーン 220V 50 Hz C / E
カナダ 120V 60 Hz A / B
カナリア諸島 230V 50 Hz C / E / F
カーボベルデ 230V 50 Hz C / F
ケイマン諸島 120V 60 Hz A / B
中央アフリカ共和国 220V 50 Hz C / E
チャド 220V 50 Hz C / D / E / F
チャネル諸島(ガーンジー&ジャージー島) 230V 50 Hz C / G
チリ 220V 50 Hz C / L
中国、人民共和国 220V 50 Hz A / C / I
クリスマス島 230V 50 Hz
ココス諸島 230V 50 Hz
コロンビア 110V 60 Hz A / B
コモロ 220V 50 Hz C / E
コンゴ民主共和国 220V 50 Hz C / D / E
コンゴ民主共和国 230V 50 Hz C / E
クック諸島 240V 50 Hz
コスタリカ 120V 60 Hz A / B
コートジボワール(アイボリーコースト) 220V 50 Hz C / E
クロアチア 230V 50 Hz C / F
キューバ 110 V / 220 V 60 Hz A / B / C / L
キュラソー 127V 50 Hz A / B
キプロス 230V 50 Hz G
キプロス、ノース(認識されず、自己宣言された州) 230V 50 Hz G
チェコ共和国 230V 50 Hz C / E
デンマーク 230V 50 Hz C / E / F / K
ジブチ 220V 50 Hz C / E
ドミニカ 230V 50 Hz D / G
ドミニカ共和国 120V 60 Hz A / B / C
ドバイ 230V 50 Hz G
東ティモール(東ティモール) 220V 50 Hz C / E / F / I
エクアドル 120V 60 Hz A / B
エジプト 220V 50 Hz C / F
エルサルバドル 120V 60 Hz A / B
イングランド 230V 50 Hz G
赤道ギニア 220V 50 Hz C / E
エリトリア 230V 50 Hz C / L
エストニア 230V 50 Hz C / F
エチオピア 220V 50 Hz C / F
フェロー諸島 230V 50 Hz C / E / F / K
フォークランド諸島 240V 50 Hz G
フィジー 240V 50 Hz
フィンランド 230V 50 Hz C / F
フランス 230V 50 Hz C / E
フランス領ギアナ 220V 50 Hz C / D / E
ガボン(ガボン共和国) 220V 50 Hz C
ガンビア 230V 50 Hz G
ガザ地区(ガザ地区) 230V 50 Hz C / H
ジョージア州 220V 50 Hz C / F
ドイツ 230V 50 Hz C / F
ガーナ 230V 50 Hz D / G
ジブラルタル 230V 50 Hz G
イギリス(GB) 230V 50 Hz G
ギリシャ 230V 50 Hz C / F
グリーンランド 230V 50 Hz C / E / F / K
グレナダ 230V 50 Hz G
グアドループ 230V 50 Hz C / E
グアム 110V 60 Hz A / B
グアテマラ 120V 60 Hz A / B
ギニア 220V 50 Hz C / F / K
ギニアビサウ 220V 50 Hz C
ガイアナ 120 V / 240 V 60 Hz A / B / D / G
ハイチ 110V 60 Hz A / B
オランダ(正式にオランダ) 230V 50 Hz C / F
ホンジュラス 120V 60 Hz A / B
香港 220V 50 Hz G
ハンガリー 230V 50 Hz C / F
アイスランド 230V 50 Hz C / F
インド 230V 50 Hz C / D / M
インドネシア 230V 50 Hz C / F
イラン 230V 50 Hz C / F
イラク 230V 50 Hz C / D / G
アイルランド(Eire) 230V 50 Hz G
アイルランド、北部 230V 50 Hz G
マン島 230V 50 Hz C / G
イスラエル 230V 50 Hz C / H
イタリア 230V 50 Hz C / F / L
ジャマイカ 110V 50 Hz A / B
日本 100V 50Hz / 60Hz A / B
ヨルダン 230V 50 Hz C / D / F / G / J
カザフスタン 220V 50 Hz C / F
ケニア 240V 50 Hz G
キリバス 240V 50 Hz
韓国、北朝鮮 220V 50 Hz C
韓国 220V 60 Hz F
コソボ 230V 50 Hz C / F
クウェート 240V 50 Hz G
キルギス 220V 50 Hz C / F
ラオス 230V 50 Hz A / B / C / E / F
ラトビア 230V 50 Hz C / F
レバノン 230V 50 Hz C / D / G
レソト 220V 50 Hz M
リベリア 120V 60 Hz A / B
リビア 230V 50 Hz C / L
リヒテンシュタイン 230V 50 Hz C / J
リトアニア 230V 50 Hz C / F
ルクセンブルク 230V 50 Hz C / F
マカオ 220V 50 Hz G
マケドニア共和国(旧ユーゴスラビア共和国マケドニア共和国、FYROM) 230V 50 Hz C / F
マダガスカル 220V 50 Hz C / E
マデイラ 230V 50 Hz C / F
マラウイ 230V 50 Hz G
マレーシア 240V 50 Hz G
モルディブ 230V 50 Hz C / D / G / J / K / L
マリ 220V 50 Hz C / E
マルタ 230V 50 Hz G
マーシャル諸島 120V 60 Hz A / B
マルティニーク島 220V 50 Hz C / D / E
モーリタニア 220V 50 Hz C
モーリシャス 230V 50 Hz C / G
マヨット 230V 50 Hz C / E
メキシコ 120V 60 Hz A / B
ミクロネシア、連邦 120V 60 Hz A / B
モルドバ 230V 50 Hz C / F
モナコ 230V 50 Hz C / E / F
モンゴル 230V 50 Hz C / E
モンテネグロ 230V 50 Hz C / F
モントセラト 230V 60 Hz A / B
モロッコ 220V 50 Hz C / E
モザンビーク 220V 50 Hz C / F / M
ミャンマー(旧ビルマ) 230V 50 Hz A / C / D / G / I
ナミビア 220V 50 Hz D / M
ナウル 240V 50 Hz
ネパール 230V 50 Hz C / D / M
オランダ 230V 50 Hz C / F
ニューカレドニア 220V 50 Hz C / F
ニュージーランド 230V 50 Hz
ニカラグア 120V 60 Hz A / B
ニジェール 220V 50 Hz C / D / E / F
ナイジェリア 230V 50 Hz D / G
ニウエ 230V 50 Hz
ノーフォーク島 230V 50 Hz
北キプロス(認識されず、自己宣言された州) 230V 50 Hz G
北アイルランド 230V 50 Hz G
北朝鮮 220V 50 Hz C
ノルウェー 230V 50 Hz C / F
オマーン 240V 50 Hz G
パキスタン 230V 50 Hz C / D
パラオ 120V 60 Hz A / B
パレスチナ 230V 50 Hz C / H
パナマ 120V 60 Hz A / B
パプアニューギニア 240V 50 Hz
パラグアイ 220V 50 Hz C
ペルー 220V 60 Hz 交流
フィリピン 220V 60 Hz A / B / C
ピトケアン諸島 230V 50 Hz
ポーランド 230V 50 Hz C / E
ポルトガル 230V 50 Hz C / F
プエルトリコ 120V 60 Hz A / B
カタール 240V 50 Hz G
再会 230V 50 Hz C / E
ルーマニア 230V 50 Hz C / F
ロシア(公式にロシア連邦) 220V 50 Hz C / F
ルワンダ 230V 50 Hz C / J
サバ 110V 60 Hz A / B
聖バセレミー(聖バルトまたは聖バートともいう) 230V 60 Hz C / E
セントクリストファー・ネイビス(正式に聖クリストファー・ネイビス連盟) 230V 60 Hz D / G
セントルシア 230V 50 Hz G
サンマルタン 220V 60 Hz C / E
セントヘレナ 230V 50 Hz G
Sint Eustatius 110 V / 220 V 60 Hz A / B / C / F
シントマールテン 110V 60 Hz A / B
セントビンセントとグレナディーン 110 V / 230 V 50 Hz A / B / G
サモア 230V 50 Hz
サンマリノ 230V 50 Hz C / F / L
サントメとプリンシペ 230V 50 Hz C / F
サウジアラビア 230V 60 Hz G
スコットランド 230V 50 Hz G
セネガル 230V 50 Hz C / D / E / K
セルビア 230V 50 Hz C / F
セイシェル 240V 50 Hz G
シエラレオネ 230V 50 Hz D / G
シンガポール 230V 50 Hz G
スロバキア 230V 50 Hz C / E
スロベニア 230V 50 Hz C / F
ソロモン諸島 230V 50 Hz G / I
ソマリア 220V 50 Hz C
ソマリランド 220V 50 Hz C
南アフリカ 230V 50 Hz C / M / N(まだまれです)
韓国 220V 60 Hz F
南スーダン 230V 50 Hz C / D
スペイン 230V 50 Hz C / F
スリランカ 230V 50 Hz D / G
スーダン 230V 50 Hz C / D
スリナム 127V / 230V 60 Hz A / B / C / F
スワジランド 230V 50 Hz M
スウェーデン 230V 50 Hz C / F
スイス 230V 50 Hz C / J
シリア 220V 50 Hz C / E / L
タヒチ 220V 50Hz / 60Hz C / E
台湾 110V 60 Hz A / B
タジキスタン 220V 50 Hz C / F
タンザニア 230V 50 Hz D / G
タイ 230V 50 Hz A / B / C / O
行く 220V 50 Hz C
トケラウ 230V 50 Hz
トンガ 240V 50 Hz
トリニダード・トバゴ 115V 60 Hz A / B
チュニジア 230V 50 Hz C / E
七面鳥 230V 50 Hz C / F
トルクメニスタン 220V 50 Hz C / F
タークスカイコス諸島 120V 60 Hz A / B
ツバル 230V 50 Hz
ウガンダ 240V 50 Hz G
ウクライナ 230V 50 Hz C / F
アラブ首長国連邦(UAE) 230V 50 Hz G
イギリス(UK) 230V 50 Hz G
アメリカ合衆国(米国) 120V 60 Hz A / B
アメリカ合衆国領ヴァージン諸島 110V 60 Hz A / B
ウルグアイ 220V 50 Hz C / F / L
ウズベキスタン 220V 50 Hz C / F
バヌアツ 230V 50 Hz
バチカン市 230V 50 Hz C / F / L
ベネズエラ 120V 60 Hz A / B
ベトナム 220V 50 Hz A / B / C
バージン諸島(英国) 110V 60 Hz A / B
バージン諸島(米国) 110V 60 Hz A / B
ウェールズ 230V 50 Hz G
イエメン 230V 50 Hz A / D / G
ザンビア 230V 50 Hz C / D / G
ジンバブエ 240V 50 Hz D / G